騙されるな!キャピキシルの効果の真実とは!効かない?発毛する?

育毛剤は多く存在します。私も色々育毛剤には悩んでいますが、その中でもこれかな?というものに出会う事が出来ました。

更に海外では有名な商品で、キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社がまつ毛の育毛のために開発した成分です。

細かい成分に触れると「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」を合成したものと言われています。

数年前にキャピキシルの効果に注目されるようになり、育毛剤に使用される事が多くなりました。

この記事では、キャピキシルの効果は本当なのか?キャピキシルは本当にミノキシジルの3倍の育毛効果を実現しているのかを実際に使用して使った感想をまとめました。

キャピキシルの2つの効果とは

キャピキシルに期待できる効果は、主に以下の2つです。
・抜け毛の予防
・毛母細胞の活性化

少し上でも触れましたが、キャピキシルの2つの効果は「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」を合成したものといわれています。

その2つの成分を細かく調べて見ると、アカツメクサ花エキスはリダクターゼの働きを阻害し薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があると言われています。某有名育毛剤に必ず入っている成分だと言われています。

アセチルテトラペプチド3は修正能力に欠かせない成分になっています。細胞の修正をしてくれるのが、アセチルテトラペプチド3の最大の強みですが、他にもたんぱく質を活性化するとも言われています。

更に、毛包を衰えさせてしまう原因となる炎症性サイトカインの生成を抑制する効果があるので、抜け毛や切れ毛に悩んでいる人には欠かせない成分とも言えます。

キャピキシルは抜け毛を予防する

キャピキシルは、5αリダクターゼ(脱毛ホルモンの生成に関与する成分)の働きを抑制し、抜け毛を防ぐのに役立ちます。
男性ホルモンを抑制する効果があるので、発毛が期待できると言われています。キャピキシルを3%以上含んでいる商品は公認マークがついている事からキャピキシルの成分としての信頼の高さがわかります。

それならキャピキシルを100%入った商品を選べばいいのでは?と考える人も多いですが、実際には、キャピキシルの価格は非常に高く3%でも高級商品として扱われています。実際に100%の商品はキャピキシルだけになってしまうので、色々な成分をいれたキャピキシル3%というのがバランスがとれています。

多ければいいという事ではありません。一度某育毛会社がキャピキシル100%で作った育毛剤を実験した際に大きな効果が得られませんでした。

キャピキシルは毛母細胞を活性化させる

キャピキシルは本当に毛母細胞を活性化させるのかという質問が多いですが、キャピキシルは衰えた毛細血管の働きを活性化させ、毛母細胞を復活させる事が出来る力を持っているので問題なく活性化させる事が出来ると考えられています。

しかし、実際には毛母細胞を復活というよりも、新しく生えてきた毛が成長する段階で抜け防止だったり、髪の毛の中身がスカスカにならないように、中身まで成分を染み込ませる事が出来るようにサポートしてくれるものがキャピキシルと考えるとイメージがしやすいと思います。

髪の元となる細胞が活性化するので、髪本来が持つ「成長の力」が高まります。

結局キャピキシルは効くの?効かないの?

一番気になるのが、効果があるのか、効果がないのかという所だと思います。これはどの商品にもいえますが、人間は同じように見えてそれぞれ肌が弱かったり、アレルギーがあったり成分によって体質がわかれます。つまり一概にキャピキシルが効果があるか、ないのかというのはいえないのが事実です。
そこで、結局キャピキシルは効くのか効かないのか、簡単に解説していきます。

キャピキシルはミノキシジルの3倍生えるのか

ミノキシジルは、育毛剤に詳しい人であれば殆どの人が知っている成分ですが、その3倍効果があるというだけで、育毛剤を使用している人からすれば二度見をするレベルです。

少し気になる点としては、正式発表をしたのが企業だと言う所です。キャピキシルを開発したカナダの会社が研究結果を発表した際にミノキシジルと比較するグラフを出したのが始まりでした。

実際に研究内容としては、キャピキシルとミノキシジルで培養実験を行い、どれくらいの差が生まれるか?という実験で実験データが約3倍だったので3倍という結果を出したといわれています。

これだけ聞くと、キャピキシルに対してミノキシジルは劣っていると勘違いする人が多いですが、ミノキシジルは細胞を活性化させる事は勿論の事、毛の中にある血流を改善する事で更に力強い発毛をする成分です。キャピキシルとミノキシジルは似ているようで似ていない成分とも考える事が出来ます。

キャピキシルの効果が出にくいと感じる3つのケース

キャピキシルは、積極的に髪を育毛するというよりも、頭皮環境の改善や髪本来の持つ発毛力の補助的な効果なので、育毛成功しているのかな?と心配になる人が多いです。キャピキシルの効果が出にくいケースとして、血行不良のケース、抜け毛をカバーできていないケース、毛母細胞が死滅しているケースがあります。

血行不良のケース

効果が実感できない原因として、血行不良があげられます。
頭部の血行不良が原因で、キャピキシルによって毛母細胞を活発化している状態を作り出せていても、元々の髪の発育に必要な栄養素が十分に行き渡っていないのが原因です。作成段階に進んでいない状態だと、幾らキャピキシルによって毛母細胞を活発化していても、サポートする毛がないという事です。

簡単な対処法としては、頭部のマッサージが挙げられます。
本格的に対処したい場合は、医薬品と併用することも考えてみましょう。

抜け毛をカバーできていないケース

このケースの場合が一番深刻だといわれています。キャピキシルが抜け毛をカバーできない状態だと、キャピキシルの効果は出ていても抜ける毛のスピードに追いつけません。この場合は、キャピキシルだけだと効果が実感できないのでノコギリヤシやプロペシアなど他の抜け毛を防ぐ効果が期待できる成分を併用する事が一番無難だと考えられています。

毛母細胞が死滅しているケース

キャピキシルは毛母細胞を活性化させる事が出来ますが、そもそも毛母細胞が死滅していては、どうしようもありません。死んでいる毛母細胞に活性化させようとする成分をかけても既に死んでいるので生き返る事はありません。毛母細胞が死滅しているケースに該当する人は、髪が薄くなっている部分の皮膚の色が顔の皮膚と同一のものになっている場合、髪が抜けてから5年以上経っている場合は注意が必要だと言われています。

下の場合は、毛母細胞が死滅している可能性が高いです。
・髪が抜けてから、5年以上が経過している場合
・頭皮の色が、顔の皮膚のような色になっている場合

薄毛に効果のある「キャピキシル」が含まれているおすすめの育毛剤はこの2つ

キャピキシルは色々な商品に入っていますがその中でもお勧めの商品を紹介していきます。実際に私が使用した育毛剤なので皆さんも使ってみてください

キャピキシルが配合されている育毛剤はいくつかありますが、その中でもおすすめしたいのが、以下の2つです。

・THE SCALP5.0c(ザスカルプ5.0c)
・フィンジア

※どちらも、キャピキシルの濃度は5%です。
それぞれについて、簡単にご説明します。

THE SCALP5.0c(ザスカルプ5.0c)

THE SCALP5.0cをおすすめする理由は、副作用リスクがなく、キャピキシル以外にも頭皮環境の改善が期待できる成分が多く含まれているからです。
私は、育毛剤を使うと体質的にめまいや頭痛が起こるのですが、THE SCALP5.0cは副作用リスクがないので安心して使用する事が出来ます。
例えば、THE SCALP5.0cに含まれるセンブリエキスやグリチルリチン酸2Kは、頭皮環境を整える働きをします。
また、半永久的に酸化せずに、血行促進に役立つマイナスイオン水が使用されています。
さらに、エタノール量を抑えることで、頭皮への負担を極力減らしています。

THE SCALP5.0cの成分の中には色々なものが配合しているので紹介します。

  • 鉱物油
  • 紫外線吸収剤
  • 海面活性剤
  • 香料
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 酸化防止剤

THE SCALP5.0cは、髪をコーティングしながら頭皮の潤いを守るように作られている事も有名です。

フィンジア

フィンジアは知っている人が多いと思いますが、キャピキシルが個人的に実感できた商品なので皆さんに共有します。フィンジアは段階的に実感が出来ます。
私の場合は、抜け毛が徐々に減っていき、その後産毛が生えてきました。それから1年後、今まで髪の毛が無かった部分に髪の毛が生えてくるようになり実感が出来ました。

キャピキシルの他に、「ピディオキシジル」という有用成分を高濃度で配合しています。
「ピディオキシジル」は、毛母細胞に働きかけ、育毛・発毛を促すことが期待できる成分です。
ミノキシジルによく似た成分で、血行を良くする効果も期待できます。
さらに、カプサイシンやヒオウギエキスなど、育毛を促す成分が、バランス良く豊富に配合されています。

フィンジアの成分の中には色々なものが配合しているので紹介します。

  • ピディオキシジル
  • カプサイシン
  • ヒオウギエキス
  • ビワ葉エキス
  • 褐藻エキス
  • センブリエキス
  • パンテノール
  • ヒキオコシ葉/茎エキス
  • グリチルリチン酸2k

フィンジアの強みとしては、色々な育毛剤の良い所をとった部分が集まっています。実際に使用すると頭一つ抜けてるなという部分が幾つかありました。

限界まで挑戦し続ける次世代のスカルプケア「THE SCALP 5.0C」で、今までに感じたことのない進化を体感してみませんか?
【ただいまキャンペーン中につきお得にお試しいただけます!】


詳細ページへ

「おさらい」キャピキシルとは

キャピキシルについて説明してきました。キャピキシルは万能に見えてキャピキシルだけだと補えない要素も多く存在します。ですが、現時点では、サポート要素としては万能ですので、育毛に悩んでいる人は使用する事をお勧めします。

そもそもキャピキシルってなんなのか?

キャピキシルとは、化粧品メーカーによって開発された自然由来の育毛成分です。
(※もともと存在する成分ではありません。)

キャピキシルは、毛母細胞を復活する事を手助けしてくれる成分です。毛母細胞が傷ついてる状態を綺麗にしてくれるので抜け毛が少なくなります。

製造している会社は?

キャピキシルは、カナダの化粧品会社「ルーカスマイヤーコスメティクス社(LUCAS MEYER COSMETICS社)」によって開発された成分です。

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は、細胞外マトリックス(細胞を守ったり、働きを良くしたりする成分)を修復する役割を持つ成長因子です。
4種類のアミノ酸で構成されています。
髪をつくるのに重要な「毛包」の構造維持と固定力の向上に役立つので、育毛効果を期待することができます。
また、ミノキシジル同様、毛母細胞を活性化させることで、発毛を促進させる作用を期待することができます。

アカツメクサ花エキス(レッドクローバーエキス)とは?

アカツメクサは、昔から薬用ハーブとして利用されてきた多年生の植物です。レッドクローバーとも呼ばれます。

アカツメクサ花エキス(レッドクローバーエキス)には、ビオカニンAという成分が含まれており、イソフラボンの一種で、女性ホルモンに似た分子構造をしています。

キャピキシルはAGA改善効果が期待できる安心の天然由来成分

ただいまご紹介した、アカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンA は、5αリダクターゼを抑制する作用をもっています。
※5αリダクターゼとは、脱毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す成分です。

つまり、ビオカニンA は、5αリダクターゼを抑制することで、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTの生産を少なくすることが期待できます。
天然由来成分で構成されたキャピキシルは、AGA改善効果も期待できるわけです。

副作用のリスクが薬と比べて低い

後述しますが、キャピキシルは、薬と比べて副作用のリスクが極めて低いです。
臨床実験でも、キャピキシルの副作用は確認できなかったと報告されています。
ミノキシジルやフィナステリドなど、医薬品には副作用のリスクが必ずついてきます。
それに比べ、キャピキシルは、副作用のリスクが低いにもかかわらず、大きな効果が期待できるので、大変注目を集めています。

体質との相性

キャピキシルは、副作用のリスクが極めて低いですが、0ではありません。
体質が合わない場合、副作用が発現する可能性はあります。
詳しくは後述しますが、副作用のリスクが低くても、十分に注意しながら利用しましょう。

キャピキシルの臨床試験でも効果が認められた

ルーカスマイヤーコスメティクス社(LUCAS MEYER COSMETICS社)は、臨床実験のデータ結果を公開しています。
キャピキシルの効果が認められたのかどうか、解説していきます。

試験方法

30人を、15人ずつの2グループに分け、以下の条件を設定します。

・グループA(キャピキシルのローションを使用)
・グループB(偽薬を使用)
・キャピキシルのローションは「キャピキシル5%+アルコール20%+水75%」
・偽薬は「アルコール20%+水80%」
・期間は4ヵ月
・毎晩20滴を頭皮の一部に塗布

拡大鏡のついたカメラのような機械を用いて、以下を測定しました。

・範囲内の髪の総本数
・成長期の髪の本数
・休止期の髪の本数

効果の指標

一部の髪の毛を剃り、条件通り、グループAとグループBで試験を進めます。
成長期の髪の毛・休止期の髪の毛それぞれの割合がどう変化するのかを、4ヵ月間に渡り、比較します。

試験結果は?

グループAの方が、グループBに比べ、成長期の髪の毛が増えていました。
休止期の髪の毛においては、逆の結果が得られました。

分析①成長期の髪を増やす

成長期の髪の毛の割合を比較すると、平均で、グループAは13%+、グループBは2%-でした。
つまり、キャピキシルが要因となり、成長期の髪が増えたと推測されます。

分析②休止期の髪を減らす

休止期の髪の毛の割合を比較すると、平均で、グループAは29%-、グループBは平均23%+でした。

キャピキシルが要因となり、休止期の髪が減ったと推測されます。

分析③成長期÷休止期の割合が増える

「成長期の髪÷休止期の髪」の割合の変化を比較すると、平均で、グループAは46%+、グループBは33%-でした。

要するに、キャピキシルは偽薬よりも、休止期の髪の毛を減らし、成長期の髪の毛を増やす効果がある、ということです。

キャピキシルには副作用が本当にないのか

前述しましたが、正しくは「副作用のリスクが極めて低い」です。
副作用が全く出ない人も多くキャピキシルは副作用が全くないという印象がありますが、人によっては副作用が存在します。

キャピキシルを利用する場合でも、以下のような副作用が発現する可能性はあります。

・初期脱毛
・アレルギー
・過剰症

初期脱毛

初期脱毛とは、乱れていたヘアサイクルが正常化することで、古い髪が押し出され、新しい髪が生えてくることを言います。
キャピキシルは、毛母細胞を活性化することでヘアサイクルを正常化してくれます。よって、初期脱毛が生じる可能性があります。

これは、効果が出始めていることの証でもあるので、基本的には初期脱毛が生じても、継続して使用する方が良いです。
ただし、あまりにも長期的に抜け毛が止まらないようであれば、病院に足を運び、専門的な治療を受けるのが望ましいです。

アレルギー

キャピキシルは天然由来成分ですが、アレルギー症状が出る可能性はあります。
配合成分が体に合わない場合は、かゆみやかぶれといった症状を引き起こすこともあります。
ごく稀ですが、アレルギー体質の方・敏感肌の方・頭皮が弱い方は、十分に注意しながら使用してください。

過剰症

天然由来成分であるキャピキシルですが、過剰使用は禁物です。
過剰使用することで、何らかの症状が発現する可能性があります。

キャピキシルに配合されているアカツメクサ花エキス(レッドクローバーエキス)を過剰摂取すると、「細胞のガン化」や「不妊症」になるリスクがあります。

もちろん、ミノキシジルのような医薬品と比べれば、副作用のリスクは極めて低いです。
しかし、リスクが0なわけではないので、十分に注意しながら使用しましょう。

男性型脱毛(AGA)に対するキャピキシルの働き

前述しましたが、アカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンA は、5αリダクターゼを抑制する作用をもっています。
※5αリダクターゼとは、脱毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す成分です。

つまり、ビオカニンA は、5αリダクターゼを抑えることで、AGAの原因であるDHTの生産を減らすことが期待できます。
自然由来のキャピキシルは、AGA改善にも働いてくれるわけですね。

キャピキシルのヘアサイクル(毛周期)への作用

基本的に、髪の毛は、以下のサイクルを辿ります。

・成長期
・退行期
・休止期

この流れを、ヘアサイクル(毛周期)と言います。

先ほどの臨床実験結果からも分かる通り、キャピキシルは、休止期の髪の毛を減らし、成長期の髪の毛を増やす効果が期待されます。

限界まで挑戦し続ける次世代のスカルプケア「THE SCALP 5.0C」で、今までに感じたことのない進化を体感してみませんか?
【ただいまキャンペーン中につきお得にお試しいただけます!】


詳細ページへ

良い口コミと悪い口コミ

私も使用していますが、客観的な意見が大切だと思うので良い口コミと悪い口コミを紹介します。

良い口コミ

・使用感が非常に良い
・匂いが良い
・髪の毛にコシが出始めた
・ツヤ感が蘇ってきた
・抜け毛が減った
・前髪にボリュームが出てきた

悪い口コミ

・生えてる実感はない
・抜け毛の本数が増えた

悪い口コミを潰す理由

本記事前半部分でも述べましたが、キャピキシルの効果が出にくいと感じるケースも多々あります。
また、抜け毛の本数が増えたのは、初期脱毛の症状かもしれませんね。
ヘアサイクルが正常化している証なので、しばらくは継続するべきでしょう。

値段の高さは他の育毛剤も際立ちます。更に悪い口コミの中には体質などにあっていないという意見もあるので購入した後は自分の体質と合うかを再度確かめましょう。

キャピキシルQ&A

金額が高いけどそれだけの価値があるのか?

実際に私が使っている感想になりますが、価値はあります。他の育毛剤と比較しても効果が3ヶ月あたりで出ています。

副作用はどの程度警戒すべき?

私は小さい頃からアトピーを持っていましたが、キャピシルでアレルギー反応は出ませんでした。アレルギー反応が出る人はかなり肌が弱い人かな?というイメージです。

最初は抜け毛が凄い?

新しい髪の毛に生まれ変わる際に抜け毛は仕方ありません。2ヶ月くらいは古いサイクルの毛が抜け落ちます。

効果が全く出ない人はいるのか?

2chなどの匿名掲示板を見ると、効果が出なかった人もいるみたいですが、私の周りにはいません。

他の育毛剤と組み合わせて使用してもok?

何でも組み合わせても良いとはなりませんが、育毛剤の注意書きをみて問題がなければ基本的には同時に使用する事は問題ありません。

キャピキシル配合シャンプーはある?

フィンジアシャンプーに、キャピキシルが配合されています。

女性も使用可能?

他医薬品とは異なり、女性の使用は禁止されていません。

まとめ

「キャピキシルの効果の真実」についてご説明しました。
キャピキシルの効果やおすすめの育毛剤についてはもちろん、キャピキシルの基本事項や副作用についても解説しました。
ぜひ参考にして、皆様の育毛活動に役立ててください。

解説した通り、キャピキシルには、「抜け毛予防効果」と「毛母細胞を活性化させる効果」があります。
臨床実験でも、期待できる効果が証明されていましたね。
薄毛治療・育毛初心者の方にもおすすめですし、既に他の育毛剤を使用している方にもおすすめです。

今ならキャンペーン中という事もあり安い値段で購入する事が出来るのでアレルギー反応などを確認したい人は一度購入してみて下さい。

限界まで挑戦し続ける次世代のスカルプケア「THE SCALP 5.0C」で、今までに感じたことのない進化を体感してみませんか?
【ただいまキャンペーン中につきお得にお試しいただけます!】


詳細ページへ